現在の閲覧者数: 無料カウンター
気づけば3ヶ月ほど更新していなかったのですね・・・。
昨年11月末に愛車BRZがイノシシに突撃されフロントバンパーが中破すると言う、ある意味「痛車」になった出来事から早半年。見える部分の修理は完了しました。

修理内容
1 フロントバンパー
 マッドガード(アンダーカバー)
 デイタイムランプ
2 サイドマーカーランプ
3 インテークダクト

つづく。
1.バンパー修理
破損した状態がこちら。
Ft_before.jpg
こうなってしまっては、誰も治すことは出来ないので、新品に交換しました。

交換に当たっては、純正に近い顔つきの「SYMS製」に決めました。
Ft_after.jpg
純正に対して、口(ナンバープレート付近の開口部)が大きくなり、Ftアンダースポイラー(こんなの)が一体になっていて、アゴが出っ張ったような顔つきになりました。元々笑い顔のBRZですが、友人曰く、口が大きくなって挑戦的なな笑い顔になったみたいですw

ちなみに、バンパー交換の際に合わせてマッドガード・デイタイムランプも同時に交換してもらっちゃいました。

2.サイドマーカーランプ
イノシシに突撃された衝撃で、左側のサイドマーカーランプとボディをつなぐ留め金が割れてしまい、テープが無いと写真のようにまったく持って固定されない状態に・・・orz
Side_marker.jpg
ぶらーんぶらーーん・・・ハハッorz

装着するのはRevier(レヴィーア)製サイドマーカーランプ→こちら

取り付け説明書も無い、車に接続するカプラーも無いと(銅線むき出しのまま)、なんとも不親切な製品でございましたw
色々試行錯誤した結果、ディーラーでサイドマーカー用の純正コネクタを購入し、それを加工することにしました。加工途中の写真は撮り忘れましたが、電球のソケット部分の銅線を↓のような感じでぶった切ります。
socket.jpg

そしたら、車体側につける側のカプラーと銅線が残るので、その銅線と、サイドマーカーランプの銅線を半田付けします。
ちなみに銅線の色は以下のように設定されているようです。
黒・・・アース
黄・・・ウィンカー
青・・・ライトバー
Side_marker_new.jpg
カプラーのどの端子(コード)がアースなのかは実車で確認しながら作業をしましょう。ちなみに今回は諸事情(怠惰)により、ライトバーの配線は見送っています。

取り付け方
2-1.バンパーの裏のマッドガードを外す。
クリップは赤枠部分プラス1箇所にあります。。
Ft_bp_clip.jpg

2-2.サイドマーカーを外す。
(写真は右側を撮影しました)
①の部分にサイドマーカーの爪が引っかかって固定されているので、②の部分からドライバーなどで爪を押して取り外してください。
Side_marker3.jpg

次に、下図の赤丸の部分のカプラーを取り外します。
Side_marker2_201509262039275bc.jpg

2-3.サイドマーカーAssyインストール
あとは、2-2→2-1の手順で取り付けていけば終了。
当然ですが、カプラーを取り付けたときに必ず動作チェックをしておかないと悲惨な目に・・・。
Side_marker_new_install_20150926203928cbe.jpg


3.その他強化装備
・STI フレキシブルタワーバー
・Syms エアインダクションボックス


性能UP目的でフレキシブルタワーバーとエアインダクションボックスを取り付けました。
エアインダクションボックスについては、ブラケット部分が今回の事故で割れてしまったので、修理もかねていますが・・・。
そこそこお値段は張りますが、両方とも効果が体感できるパーツです。性能レビューは次の記事にて。

とりあえず写真をば。
上の赤枠部分がフレキシブルタワーバー
下の赤枠部分がエアインダクションボックス。
EG_room.jpg

とりあえずは、壊れたところは無事修理が完了しました。
2015.09.26 Sat l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yasoukan.blog56.fc2.com/tb.php/511-50f27527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)